空飛ぶタイヤ 映画化!原作本是非おすすめです【池井戸潤 作品 おすすめ】


空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
 amazonより

私は池井戸潤さんの作品がとても好きで、読み漁っておりますが、

その中でも、とても面白かったものをご紹介。

「空飛ぶタイヤ」

これは2005年より連載された作品で、

過去にあった「三菱自動車リコール隠し事件」をモデルとした小説です。

上下巻にわたる長編となっており、とても面白い社会派小説です。

ストーリー

Amazonより引用

行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元ホープ自動車は、トレーラーを所有する赤松運送の整備不良が原因と主張するが、社長の赤松は到底納得できない。独自に真相に迫ろうとする赤松を阻む、大企業の論理に。会社の経営は混迷を極め、家族からも孤立し、絶望のどん底に堕ちた赤松に、週刊誌記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。

別の作品、「半沢直樹」の主人公はエリート銀行員でしたが、

今回の主人公は、中小企業(運送会社)の経営者。

企業間のバトル、サラリーマンの悲哀、等

サラリーマンなら深く共感できる内容になっています。

また、毎度ながら、個性あふれるキャラクターが次々と登場し、

物語に引き込まれてあっという間に読み終わってしまいます。

池井戸さんの作品はいつもテンポがよく、そしてスカっとさせてくれる

大変なエンターテイメントで、毎度楽しく読んでいるのですが、

本作品は残念ながらあまり一般的にメジャーではなく、友人にもいつも勧めておりました。

しかし、本年度めでたく映画化!

主演はTOKIOの長瀬智也さんとのこと。楽しみですね。

実際にあった事件を基にして作られているので、

いろいろ考えさせられることも多く、勉強にもなりました。

そして大変勇気をもらった作品でもあります。

映画もいいですが、やはり原作を先に読んでおくことをオススメします。

大変素晴らしい作品です!


空飛ぶタイヤ 上下合本版

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク